テーマ:京都

渡月橋 2015

こんにちは! 訪問いただきありがとうございます。 昨夜は随分酔っぱらってしまったが、何とか嵐山の渡月橋にやってきました。 春は桜、秋は紅葉の名所で有名です。市内からは少し離れていますが、その分雄大な自然を感じる事ができます。 願い事が1つだけ叶うと言われる「鈴虫寺」や有名なポスターにもなった「常寂光寺」シンボル「渡月橋」などみど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿園?だよね!

こんにちは! 訪問ありがとうございます。師走の大掃除に取り掛かっていますので アップが御休みしています。 とりあえずは 何処にも出かけていないのが 実情です。と云うことで記憶の隅っこをほじくって探しましょう! 京都 福寿園の工場、宇治の帰りに見つけました。 走りながらの撮影ですので こんなものですよね! ここの前は二回通っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三室戸寺 秋

こんにちは! 訪問いただきましてありがとうございます。 今回は 秋に行った宇治の三室戸寺を出してみましょう。 西国観音霊場十番の札所で、本山修験宗の別格本山です。約1200年前(宝亀元年)、光仁天皇の勅願により、三室戸寺の奥、岩淵より出現された千手観音菩薩を御本尊として創建されました。 秋らしい写真は撮れませんでしたが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城のお堀

こんにちは! 訪問いただきありがとうございます。今回は京都二条城散策した時の記事です! 二条城は東西500m南北400mの広大な城です。1603年(慶長8年)に徳川家康の宿泊所として造営され、家光の時に完成いたしました。 のんびりと見学している時間はなさそうです。 かなり急かす様に回っています! 内堀の見える高い場所に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城二の丸御殿

こんにちは! 木綿のハンカチーフ太田裕美 訪問有難うございます。○の日差しはつるべ落としといいますが・・・・冬至前はもっと早い! 二条城に入ったときはすでに閉門して 僕らが回れば終わりみたいな状態で拝観です。 1867年、徳川15代将軍の徳川慶喜[とくがわよしのぶ]が将軍職をやめ、政治をつかさどる権利を朝廷に返したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本丸御殿 (二条城)

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今回は京都の記事・・・・! 出し忘れ?いえいえアップをしていなかっただけです。 本丸には五層の天守閣がそびえていましたが、寛延3年(1750年)落雷のため焼失、さらに天明8年(1788年)には市中の大火のため殿舎をも焼失してしまいました。 その後永らく本丸御殿の再建はならず、幕末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元離宮二条城

こんにちは! 訪問いただき ありがとうございます。今回は 滑り込みセーフで二条城を見ました。 二条城は、慶長8年(1603年)、徳川将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し、3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年(1626年)に完成したものです。 入っていきなり門を閉めてしまいました。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山エリアから移動方法

こんにちは! 訪問ありがとうございます 嵐山エリアを見終わったら次のエリアにはどうやって移動したらいいんでしょう! バスなびや路線図手元にあってもその場では中々理解できませんよね! (PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。) 少しだけでも予習をしていけば 京都の観光も効率よく回れると思います。(僕です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀閣寺エリアからの移動法

こんにちは! 訪問ありがとうございます。 銀閣寺から若王子神社まで、疏水沿いに哲学の道を中心とした散策スポットでここからの移動は白川通に出てバスを乗り継ぎます。 他エリアへのアクセス 嵐山へ 白川通南下側の錦林車庫・真如堂前・丸太通の東天王町から93系統に乗車、嵐山で下車。 93系統簡単イラスト 東山へ 南下側の祇園・八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山エリアからの移動方法

こんにちは! あけましておめでとうございます。文字数がオーバーした為東山エリアから他のエリアへの移動方法はこちらに分割しました。 東山エリアを見終わったら次のエリアにはどうやって移動したらいいんでしょう! まだ行ってない方はこちらで東山エリアを見てください。 バスなびや路線図手元にあってもその場では中々理解できませんよね! (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金閣寺エリアからの移動方法

こんにちは! 訪問いただき有難うございます。このところ京都かぶれしています。 金閣寺エリアからの移動法を探してみましょう! 嵐山エリアへ(嵐山に行くには一日乗車券に別途料金が掛かります) 嵐山の竹林の道 ①西大路通の内回り側バス停 金閣寺通・わら天神前・衣笠校前・北野白梅町から 204系統 205系統に乗車、西の京円町で嵐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都駅から観光地へ

こんにちは! 訪問ありがとうございます。 まずは 最新の そうだ京都に行こうCMで盛り上がってください! 埼玉県人が作った京都巡りです! 今回は京都駅エリアから何処を目指して行きましょうか? 写真は八条口です! まずは京都駅BTから (太字にはリンク付けてあります、そちらで確認して下さい。) 京都 何処を見たらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山エリア

こんにちは! 訪問いただき有難うございます。今回は京都の東山エリアの観光地を見てみましょう! このエリアは見所が沢山あって迷ってしまいますね。 清水寺、ねねの寺の高台寺、坂本龍馬の墓も在ります。 (本文の太字にリンクが貼ってあります。あれこれ飛んで見て下さい) 清水寺、紅葉がとても綺麗でした。 清水寺周辺 京都駅からの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都駅エリア

こんにちは! 訪問いただき ありがとうございます。今回は京都駅エリアを観光しましょう。 このエリアのスポットとしては、東寺・東福寺・東本願寺・西本願寺・京都タワー等あります。 まずは一番気になる東寺から行きましょう。 金堂です。東寺の記事(行き方近くの情報はクリック先で! 東寺の行きかた どうしてもバスでという方は 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都大原エリアへ

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今回は 京都大原 大原といえばやはり 三千院 外すことができませんね!   駐車場から三千院まで歩いて行く時の写真を紹介しましょう。 行く途中の道は 紅葉がとても綺麗でした。 土産物屋も 沢山あります。 駐車場に 車を入れたら 三千院を 目指して行きましょう。 雨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原野エリア

こんにちは! 訪問いただきまして有難うございます。 京都に行こう!これが 気になってしまいまして JR東海のCMあの景色がとても気になります。 ここの記事の太字にはリンクが付いています、簡単に言えば上のJR東海の文字をクリックすると直に見ることができます。 大原野エリア見て行きましょう。09年11月13日訪問 今年コマーシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金閣寺エリアのスポット

こんにちは! 訪問ありがとうございます。 金閣寺は必ず寄るとしても 周辺で見どころ食べ処を探してみましょう。 四季を通じていつ見ても金閣寺はきれいですね! 僕の金閣寺記事 金閣寺2 ここ金閣寺の見どころは 舎利殿  龍門の滝  陸舟の松  夕佳亭(詳しいことはリンク先で) 金閣寺周辺の食べ処 権太呂金閣寺店  ふうみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山エリア  (埼玉じゃないよ)

こんにちは! 訪問いただきありがとうって随分 目上に出ていたりして・・・・!(ごめんね) 嵐山エリアをみて見ましょう! ユックリと保津川の流れを眺め 百人一首の舞台の町を散策しましょう。 嵐山歩いていますよ!天龍寺目指してます。 あまりに綺麗で 僕はメロメロ?? 貴方の方が 比較にならないくらい 綺麗ですよ! 秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八坂の塔

こんにちは! 訪問いただき ありがとうございます。今回は清水寺~高台寺へ行く途中で気になった場所を紹介します。 この場面 観光写真で見たことありますよ! 八坂の塔(やさかのとう) 八坂の塔の正式名は法観寺。山号は霊応山。本尊は五智如来。臨済宗建仁寺派のお寺 街中にそびえ立つ五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺のランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮

こんにちは! 訪問有難うございます。今回は学問の神様、北野天満宮の紹介です! 異様に参拝者がいてビックリ! 受験シーズン始っていまして 神頼みも始っています。 菅原道真公をお祀りした神社の宗祀であり、国を鎮め守る神として平安時代中期多治比文子らによって北野の右近馬場に菅原道真公の御霊をお祀りしたのが始まりとされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金閣寺

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今日も年末の掃除の前にアップしましょう。 (埼玉も朝晩は冷えますから) 今回は金閣寺を尋ねてみましょう。 京都市北区金閣寺町に、この寺はある。西に衣笠山、背後に左大文字山をひかえた景勝の地 僕が行ったときは雨があがり太陽が差して来た時でした。 鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宝筺院その2

こんにちは! 訪問いただき本当にありがとうございます。今回は宝筺院の続きです。 最初の記事・・・とりあえず写真が多いので紹介していきます。 庭も折り返し点を過ぎ復路となります。 少し戻しますがこんなのがありました??? あまりに周りと違うので撮ってしまいました。 何をテーマにここにあるのでしょう?!面白すぎです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝筺院

こんにちは! 訪問いただきましてありがとうございます。 今回は宝筺院の紅葉を見てみましょう! 宝筐院(ほうきょういん)とは、京都嵯峨野にある臨済宗の寺院です。 紅葉の美しさに定評がある当寺院は、テレビ・雑誌・書籍等のメディアで幾度となく紹介されました。また、秋の紅葉シーズン以外でも、四季折々の花が咲き、風情ある庭園が楽しめま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清涼寺

こんにちは! 訪問いただきありがとうございます。今年も(2009)あと少しで終わりますね! 貴方はどんな年でしたか? それでは 今回の清涼寺を紹介しましょう。 浄土宗の寺院。山号を五台山(ごだいさん)と称する。 常寂光寺から 人の歩いて来るほうに歩いて行ったら 紅葉している木を見つけました。 嵯峨の釈迦堂’で知られる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐山の小道

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今回は嵐山歩いています。 嵐山の小路を歩いて移動です。トロッコ駅に寄ったり! ここは小倉池です!この後常寂光院回ったんです。 嵐山辺りは王朝時代から紅葉の名所として多くの歌人に歌われてきた場所です。 のどかな畑の向こうには落柿舎みたいですよ!あいにくこれしか撮影しないという大失態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常寂光寺

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今日の最後の記事になるかも知れません。 今回は常寂光寺(凄い動画を用いたホームページ)を見てみましょう。 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は日蓮宗の仏教寺院。山号は小倉山。 行く途中は 期待充分だったのですが・・・? 百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹林の道(嵐山)

こんにちは! 訪問いただきありがとうございます。今回は竹林の道を歩いてみましょう。 美しく手入れされた竹穂垣と竹林が日本の情緒を味わい深く感じさせてくれる 僕の場合は天龍寺北門から大河内山荘に向かって歩いたものです。 竹林の中に入ると周りの音が消えてしまうんです! (ここは観光客沢山居るのであまり感じませんが・・) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曹源池庭園(天龍寺)

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今回は天龍寺の曹源池庭園(そうげんちていえん)に行って見ましょう。 夢窓国師作。嵐山、亀山などを巧みに取り入れた我が国借景式庭園として、わが国では始めて特別名勝に指定された。 天龍寺を有名にしているのは「大方丈」の西側に展開している「曹源池庭園」である。 庭園は名園中の名園として著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺

こんにちは! 訪問いただきありがとうございます。今回は天龍寺を尋ねて見ましょう。 霊亀山天龍寺(れいきさんてんりゅうじ)は、嵐山の桂川中ノ島から渡月橋を渡って北へ向かう賑やかな通りに面して門を構える。嵐山・亀山を借景に緑豊かな境内が広がる。 観光名所の渡月橋や天龍寺北側の亀山公園なども、かつては天龍寺の境内地であったという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘源寺(嵐山)

こんにちは! 訪問ありがとうございます。今回は弘源寺に寄って見ました。 弘源寺(こうげんじ)は臨済宗天龍寺派大本山天龍寺の塔頭寺院です。 天龍寺七福神の毘沙門天が祀られている 虎嘯の庭(こしょうのにわ)は、春の桜、秋の紅葉と美しく調和している ここは 宝厳院とセットで拝観券売っていたので 買っちゃいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more