長円寺(市振)

車で巡る奥の細道
こんにちわ!今回は市振の長円寺の紹介をします。まず最初に
長円寺
長円寺境内に相馬御風書による「一つ家に遊女も寝たり萩と月」の一句が刻み込まれている。芭蕉は、ここで伊勢詣りの2人連れの遊女と同宿、旅の心細さから、道連れを切望されたが、断った。しかし、別れてからも遊女の心情を思いやり「哀れさしばらくやまざりけらし」と書いている。ほのかな出会いを期待するのは私だけだろうか?
画像

一つ家に 遊女も寝たり 萩と月この句の 一文字変えると(も・と)凄いことになりません?!不謹慎な事を書いてしまった。
後ろ髪を引かれる思いで芭蕉も次に向かったのでしょう!
画像

これだけなので 地図を出します。

マップコード 836514522*63 少し自信がありません。
それではいってらっしゃい!
元屋敷に進む  市振に戻る  奥の細道トップ
お近く記事
フォッサマグナミュージアム  親不知の記事  新潟うまいもん
糸魚川市の人気の宿
姫川温泉 ホテル国富翠泉閣  柵口温泉 権現荘  親不知観光ホテル  ホテルルートイン糸魚川  笹倉温泉 龍雲荘  

新潟のうまいもん!

地酒ワイン世界の珈琲 新風堂


ニシザワチャンネル






  

"長円寺(市振)" へのコメントを書く

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』
お名前
ホームページアドレス
コメント
温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん