室の八島

こんにちわ!
車で巡る奥の細道今度こそ室の八島です。ここは栃木市の北側の大神(おおみわ)神社にあります。
1689年5月18日の出来事!芭蕉が室の八島を遠くに見ながら、曾良の話を聞き通り過ぎました。
奥の細道では 本文と現代文
室の八島絵図  奥の細道文学館より
大神神社とは
社伝によれば、大神(おおみわ)神社は、倭大物主櫛玉命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)を主祭神とし、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、瓊々杵命(ににぎのみこと。咲耶姫の夫)、大山祇命(おおやまつみのみこと。咲耶姫の父)、彦火々出見命(ひこほほでみのみこと。咲耶姫の子)を配神とする神社で、創建は神武天皇からかぞえて10代目の崇神(すじん)天皇のころとされる。
画像

崇神天皇の皇子豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)が東国平定のときに、大和国三輪山(奈良県桜井市)に鎮座する日本最古の神社、大和国一之宮三輪明神・大神神社の分霊を奉斎し、民の平安と戦勝を祈願したのが始まりと伝えられている。
画像

大神神社は古来「室の八島」ともいわれ、境内の、水を張った池の中に石橋や朱塗りの橋が架かった島が8つあって、それぞれの島に筑波神社、天満宮、鹿島神社、雷電神社、浅間神社、熊野神社、二荒山神社、香取神社が鎮座している。
ここには小さな社が沢山あり 池の中の島に作られています。
画像

こんな橋も作られています。
曽良の言葉として「無戸室に入て焼給ふちかひのみ中に、火々出見のみこと生れ給ひしより室の八嶋と申」と「おくのほそ道」の本文に書かれている。
糸遊に結びつけたるけぶりかな 松尾芭蕉
画像

逆光で又 見難い 写真を出したこと!(他に撮ってないのかな?)
いかでかは思ひありとも知らすべき室の八島の煙ならでは(藤原実方)
画像

煙かと室の八島を見しほどにやがても空の霞みぬるかな(源 俊頼)
画像

古事記にある「一夜で懐妊したため貞操を疑われた木花咲耶姫が、不貞でできた子なら焼け死んで出産できないはずと、身の潔白を誓って無戸室に入って火を放ち、燃え盛る炎の中で無事に彦火々出見命ら三柱を産み落とした」という神話に依るもので、大神神社が「かまど(古くはかまどを『やしま』といった)のごとく燃え盛る無戸室」で出産した咲耶姫を祭っていることから「室の八島」と呼ばれるようになったことを説明している。


住所 栃木市惣社町  マップコード 74544214*32 が駐車場です。
トイレとジュースの販売機がありました。
画像

何枚かの写真 煙が出ているように見えませんか?
何回も行きましたよ!日光に行くにしても 黒羽行くにも寄り道がてらに (行ってる割に いい写真を撮ってないじゃない?!)
アルバムを見る
youtube動画検索
流鏑馬祭・大神神社.栃木市 mov   お神楽・大神神社.mov
旅の参考に!
栃木市観光協会  市役所観光案内  栃木市の観光  観光パンフ(7件該当)
金売り吉次の墓に進む http://45723082.at.webry.info/200712/article_21.html
惣社河岸     http://45723082.at.webry.info/201203/article_5.html
栃木市に戻る   http://45723082.at.webry.info/200712/article_15.html
奥の細道トップ  http://45723082.at.webry.info/200710/article_17.html 
それでは皆さんも いってらっしゃい!

栃木市の宿
ホテルサンルート栃木  藤や旅館


モノマニア



"室の八島" へのコメントを書く

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』
お名前
ホームページアドレス
コメント
温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん