永観堂1

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。今回は 京都の旅行記事に戻ります。
禅林寺(ぜんりんじ)は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院。一般には通称の永観堂(えいかんどう)の名で知られる。山号を聖衆来迎山(しょうじゅらいごうさん)、院号を無量寿院と称する。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は、空海の高弟の真紹僧都である。
永観堂HP  ウィキペディア
画像はクリックで拡大出来ます。
画像


画像


画像

空海(弘法大師)の高弟である僧都・真紹が、都における実践道場の建立を志し、五智如来を本尊とする寺院を建立したのが起源である。
画像


画像


画像

真紹は仁寿3年(853年)、歌人・文人であった故・藤原関雄の邸宅跡を買い取り、ここを寺院とすることにした。
画像


画像


画像

当時の京都ではみだりに私寺を建立することは禁じられており、10年後の貞観5年(863年)、当時の清和天皇より定額寺としての勅許と「禅林寺」の寺号を賜わって公認の寺院となった。
画像


画像


画像

永観は文章博士の源国経の子として生まれ、11歳で禅林寺の深観に弟子入りする。当初、南都六宗のうちの三論宗、法相宗を学ぶが、やがて熱烈な阿弥陀信者となり、日課一万遍の念仏を欠かさぬようになる。
師深観の跡を受けて禅林寺に入るのは延久4年(1072年)のことである。
画像


画像


画像

永観は人々に念仏を勧め、また、禅林寺内に薬王院を設けて、病人救済などの慈善事業も盛んに行なった。永観は、今日の社会福祉活動の先駆者といえるであろう。
画像


画像


画像

禅林寺を永観堂と呼ぶのは、この永観律師が住したことに由来する。なお、「永観堂」は普通「えいかんどう」と読むが、「永観」という僧の名は「ようかん」と読むのが正しいとされている。
画像


画像


画像


画像

永観堂は仁寿三年(853)の草創以来今日まで、幾多の文化人達の筆や口にもてはやされ、親しまれて、“モミジの永観堂”として千百有余年のかがやかしい歴史を持った京都有数の古刹です。
youtube公開動画
京都観光 禅林寺 永観堂の紅葉(Autumn leaves of Eikando-Zenrinji temple in Kyoto,Japan)/京都散歩道  そうだ京都行こう-永観堂 1996年10月  もみじの永観堂(禅林寺)Eikan-do Zenrin-ji / 京都いいとこ動画  京都の紅葉を見に行こうよ! 永観堂編
皆さんも永観堂を訪ねてみませんか?
本日の訪問場所(すべて僕の記事ですのでいっぱい見てくれれば有難いです)
東福寺2015・1入り口  三十三間堂  智積院1金堂  哲学の道  銀閣寺1  銀閣寺2庭園  銀閣寺3展望所  銀閣寺観音殿  南禅寺  西尾八ツ橋の里  永観堂2釈迦堂  永観堂3水琴屈  永観堂4阿弥陀堂  永観堂5庭園  京都駅へ
リンク貼るのに疲れたので京都記事一覧から見てください! これ以外はブログテーマの一覧から。
御免ね!京都の記事一覧の下に今回の旅はあります。

京都市左京区の宿
聖護院 御殿荘  京のお宿 まるやま  北白川天然ラジウム温泉  旅荘 茶谷  旅館 はりま屋


























国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック