池の平湿原7 三方ヶ峰へ 

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。池の平湿原の記事も7個目です。
三方ヶ峰に行きます。
画像はクリックで拡大出来ます。
画像

写真を撮りながら歩いて行きましょう。
画像


画像

まだまだあそこは遠いよな!
画像


画像

下に行きそうな雰囲気ですが又登って行きます。
画像


画像

三方ヶ峰やってきましたよ!
画像
画像


画像

三方撮りましたが・・・?
画像


画像

ヤバイ!南東方向から雲が襲い掛かってきている。
画像

浅間山は雲に隠されてしまいました。
明日は有給??
会社より担当部門の有給休暇の取得率を向上させるよう指示。
有給休暇の取得計画表などで推進しようと思いますが、上司(管理職)より部下に対して「〇月〇日に有給休かを取得せよ」あるいは「今月中に〇日分の有給休暇を消化せよ」と強要するのは有給休暇に関する法理にそぐわず、また、嫌がらせにもあたるのではないかと危惧しています。
有給休暇は、①従業員から次期指定権の行使があり ②会社が必要な場合には時季変更権を行使する ③上記①②を踏まえ、有給休暇の取得がなされる というのが原則だと思います。
有給休暇の利用目的も本人の自由意思であり、基本的には会社が確認する権利を持たない性格のものであることも考慮しますと、①はあくまでも本人の自由意思であり、これを会社が「指定」「強要」する事は問題有りすぎですよね!
(1) 使用者は雇用者に、有給休暇を取る日程を強要することは出来ません。但し、繁忙期において、取得させるのが困難な場合には拒否することができますが、その場合も代わりの日を強制することはできません。
(2) 半日休暇を設定する場合は、半日を何時間と設定するのか明確にしておくこと。1分遅刻して、後の時間を全部勤務するのでは、半日休暇にはなりませんものね。使用者側とこの辺の取り決めが必要ですね。これの取り決めはなかなか難しいので、きちんとした話し合いが必要です。
この取り決めが又問題になります。
現実に今はどこも厳しい状況です。組織があるからそこで働けるわけです。何に対しても、使用者側と対峙したり搾取されてる感を持つと、現実が見えなくなることがあります。
僕が働いている会社は労働基準法を知らない人が我が物顔で威張っているんですね・・・・!
皆さんも自分だけの絶景を探してみませんか?
道の駅雷電くるみの里  道の駅雷電くるみの里2015・10月  雲上の散歩  地蔵峠  池の平湿原1  池の平湿原2  池の平湿原3  池の平湿原4  池の平湿原5  池の平湿原6  池の平湿原8  池の平湿原9  池の平湿原10  池の平湿原11  池の平湿原12  ドラレコ湯の丸高原へ  長野県記事一覧これ以外はブログテーマの一覧から 。
blog確認しようと見たら表示できません?俺変な記事出したっけ??

東御市の宿
宿場に佇む1日2組の宿 海野宿 ふる里館  布引観音温泉  布下温泉 木島荘  湯の丸高原ホテル  シティオス地蔵











国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック