川上神社下社

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。 今回は下市町の 川上神社下社に寄りました。
丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)は、奈良県吉野郡下市町にある神社。
式内社(名神大社)及び二十二社(下八社)の論社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
画像はクリックで拡大出来ます。
画像


画像

奈良県の下市町にある。下市町役場の南10Kmほどの長谷に鎮座。
309号線を延々と南下すると道沿いにある。遠い。
画像


画像

シロ君 残念でした!車で待っててね!立派な鳥居をくぐると、境内北奥に社殿。
画像


画像

拝殿の後方に、屋根付きの階段が上まで続き、本殿がある。
画像

ここの神社 白馬がいた!雨乞いには黒馬、晴れを乞うときには白馬を献上する。ということは 晴れを待ってるんだ!(だよね、台風で紀伊半島凄いことになっているよね。)
画像

命の水・・・。シロ 御免!父ちゃん一人で飲んでしまった。
画像

上古の由緒は不詳で、土地の古老の伝えに、丹生社の鳥居が洪水によって流されてきたので、それを拾って神体として祀ったのが創祀であるというが、神社背後の丹生山山頂に、祭祀遺跡と思しき矩形の石群があること、また、社前を流れる丹生川流域には丹生神社が点在すること、かつては付近に、御酒井・五色井・吹分井・御食井・祈願井・御手洗井・罔象女井・降臨井・鍛人井といった多くの井戸が湧出していたことなどから、古くからの水神信仰があった可能性もある。
画像

天平宝字7年(763年)に、黒毛の馬を献上して以来、雨乞いには黒馬、晴れを乞うときには白馬を献上するようになり、水の神として朝廷から厚く保護され、祈雨祈晴はいうに及ばず、たびたびの奉幣が行われたとされています。
画像

祭神、神徳  くらおかみのかみ
祭神の両親は伊邪奈伎、伊邪奈美の大神であり、水を主宰する神とされている。水は万物生育の根源であり、従って、その神徳はあらゆる物象の上に恩恵を授け、守護することにあるという。
画像


画像


画像

祭神は神社の由緒(後述)などから見て、神様の名前が違うが上社の祭神と同一の神様であり、中社の祭神も両親が同じであり、神徳も同じであることから同一の神様と推測される。
画像


画像


画像


画像

それでは場所を確認しましょう。

場所 〒638-0021 吉野郡下市町長谷1-1  TEL. 0747-58-0823
休日 無休   料金 無料   時間 8:00~17:00
問合せ 丹生川上神社下社  TEL 0747-58-0823
マップコード 439 486 321*03
ちょっと山を奥深く入ってしまいます。でも僕はもっと入って行きますよ!
YouTube動画  [美しき日本] 奈良 下市町 丹生川上神社下社
最古の水の神様を訪ねてみませんか?
通りすがりの記事  天河大辨財天  不動滝  高野山に向かって  近くの記事一覧これ以外はブログテーマの一覧から。






国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1