白井宿

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。今回は渋川市の 道の駅こもちのそばにある白井宿を歩いてみましょう!
画像は拡大出来ます。
画像

中世、子持村白井には白井長尾氏の居城白井城があり、近世初頭には本多・戸田・西尾・本多などが入った白井藩が置かれたが、寛永元年(1624)廃藩となり以後幕府領に組み込まれた。
画像

江戸時代子持村の南部・西部を三国街道が通り、北牧・横堀は宿として、又白井は六斎市の立つ市場町として栄えていた。
画像

白井は利根・吾妻郡地方と中毛地方の物資交流地で、利根川左岸への渡河点でもあり、白井藩廃藩後の寛永元年(1624)以後5日・10日を市日とする六斎市が立てられた。
画像

白井は道路中央に悪水処理の排水路があり、この水路に沿って共同井戸があった。
画像

南北路の道幅は、北端で8.7メートル、南端で8.3メートル、中央の最高幅員は20.15メートル。真ん中に悪水を処理した溝があり、町の長さは945メートルであった。
画像

町の地割りは南北の主要道を挟んで,道路に直角に短冊形に設定されていて、東側は長く、西側は城郭の役目をした段丘に制約されて短い。地割りは3間幅から最高36間幅まであり、5間幅・6間幅・7間幅が最も多い。
画像

利根川の河岸段丘にある為、地下水は低く飲料水の確保には苦労を極めた。
画像

元禄13年(1700)の村明細帳では、火山灰土で水田に向いてないため全て畑であった。
画像

同年の家数は150・人数749。安政6年(1859)横浜開港以後は繭・生糸の生産が活発になり、活発に取引が行われた。
画像

白井は宿場町でないのに、白井宿と呼ばれている。寛永元年(1624)の廃城後は城下町から市場町になったのだが、町並の形態は宿場町そのもので、街道の真ん中に宿場町特有の用水路まであったためだろうか。
画像

町並は明治31年の大火後に建てられた家屋が多く、古い家屋は少ないが、道路中央に流れる用水路が当時の町並を彷彿とさせているようだ。
画像

僕は道の駅こもちに車を止めていきました。
道の駅には沢山の人がいるのに 宿場には僕だけでした。
続きの記事 白井宿2  白井城址
皆さんも足を伸ばして散策してみてはいかがでしょうか?
群馬県記事一覧それ以外はブログテーマの一覧から見てください。

渋川市の楽天人気宿
伊香保温泉 香雲館  伊香保温泉 丸本館  小野上温泉 旅館 花山  伊香保温泉 ホテル木暮  伊香保温泉 ホテル松本楼  伊香保温泉 岸権旅館 創業天正4年(1576年)

渋川市 都市地図 2版 【全集・双書】

渋川市 都市地図 2版 【全集・双書】
価格:864円(税込、送料別)






赤城牛のハンバーグ 【冷凍】

赤城牛のハンバーグ 【冷凍】
価格:396円(税込、送料別)


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1