埼玉県名発祥の碑

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。今回も行田市さきたま古墳にいます。
埼玉県名発祥の碑です。
画像は拡大できます。
画像

さきたま資料館の東側の通路(レストハウスとの間)には、埼玉県名発祥の碑が設置されている。
昭和62年(1987)建立。碑の題字は当時の埼玉県知事、畑 和
明治4年(1871)の廃藩置県で設けられた埼玉県、入間県の県庁所在地は、それぞれ岩槻、川越であった。入間県は群馬県(現在の群馬県とは区域が異なる)と合併し、明治6年には熊谷県に改められている。これは入間県と群馬県の県令(国が任命)が同一人物だったからという、信じられないほど単純な理由による。
熊谷県は面積が埼玉県の10倍近い広範囲な区域であった。熊谷県の県庁は、熊谷寺(ゆうこくじ、熊谷市仲町、熊谷次郎直実に由来のある寺)に置かれた。明治9年(1876)8月、埼玉県と熊谷県が合併し(この時に群馬県の区域を分離した)、現在の埼玉県の県域が定まった。
しかし、埼玉県の県庁所在地については明治19年(1886)に熊谷への移転問題が起こるなど、正式に浦和に定められたのは、じつに明治23年のことである。
明治2年から明治4年までの間は、埼玉県の行政区域は、非常に交錯していて、じつに6つもの県が存在していた。
忍県(現.行田市)も、そのうちの一つであった。わずか2年間だが、行田市はかつて県庁所在地だったのだ。
実は僕の田舎にもそんな話があったよな?!
youtube動画
さきたま古墳公園【埼玉県公式観光動画】
場所の確認は さきたま古墳公園のサイトで確認してください。
皆さんも行田市に行ってみませんか?
近くの記事一覧それ以外はブログテーマの一覧から見てください。

行田市の宿
松の家旅館  ホテル サンマリノ  旅館 たけ川  いそべ旅館


千代の松創作足袋


ヒアルロン酸の皇潤でおなじみ エバーライフ楽天店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん