大野城

こんにちは!正しくはこんばんはですが、勘弁して下さい。
訪問ありがとうございます。
今回は大野市大野城に行ってみました。
画像
大野城(おおのじょう)は福井県大野市にある城。明治までは大野藩の藩庁が置かれた。
画像

1575年(天正3年)、織田信長より越前一向一揆を平定した恩賞として越前国大野郡の内の3万石を与えられた金森長近がその翌年、最初に居城とした戌山城の近くの亀山(大野盆地の小孤峰)に城郭を築いたのが越前大野城の始まりである。
画像

すげーきつそう!足がもつれそう。
築城に数年間を要した。その後、越前松平家が3代続いた後天領となり、土井氏で定着するまで目まぐるしく城主が替わった。
画像

城は1775年(安永4年)に焼失し、1795年(寛政7年)には天守を除いて再建されたが、明治維新後に破却されている。
画像

山頂の石垣および堀が現存し、山麓部にも内堀および外堀の一部が残る。建造物としては、不明門が市内中丁真乗寺山門として、櫓門であった鳩門の門部分が光明寺山門として、それぞれ移築され現存する。
画像

天守は、亀山の山頂にある天守曲輪に建てられた。本来は望楼付きの2重3階の大天守に2重2階の小天守、天狗の間(天狗書院)と呼ばれた付櫓(天狗櫓)が付属された、複合連結式の天守であったが、1795年に焼失して以降、再建されないままであった。
画像

現在山頂に建つ天守は、1968年(昭和43年)に元士族の萩原貞氏の寄付金を元に、往時の絵図や創建当時の同時期の他の城の天守を元に、鉄筋コンクリート構造によって推定再建されたものである。
画像

しかし、小天守が天狗の間の位置に建てられていることなど、史実に基づいた復元再建ではない。復興天守の内部は、金森氏や土井氏など歴代の城主に関する資料を展示した資料館として利用されている。
画像

ふるさとの城山に思いをはせてしまった場所でした。
画像

あの山の上にも城があったみたいです。
画像

良い場所に城を作ったものです。
画像

城山に ふるさと思う 秋の空・・・・岡ポン
画像

それでは 僕が止めた場所を確認しましょう。

所在地: 福井県大野市城町
遺 構: 復元天守、門、曲輪、石垣、空堀
形 式: 平山城 築城者: 金森長知 築城年代: 天正4年
マップコード 240 523 813*00 で駐車場には行けます。
但しなんか 裏口の場所みたいです。 大野歴史郷土館が表側なのかな?
資金不足なので、今日TVでネットで募金すれば集まるとあったが 僕も旅行の資金集まるかな?(そんなうまい事ないよね?)
福井県ブログ一覧
その他はブログテーマの一覧からみてください。
なんかブログサイト又、トラブっていない?動きが変だよ!
大野市を訪ねてみませんか?

大野市の宿
阿さひ旅館  HOTEL サンレア21  六呂師ハイランドホテル  扇屋  天狗岩 ファミリーケビン


地酒ワイン世界の珈琲 新風堂





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年10月06日 09:05
昨年、僕も城に行ってきました。コンクリート造りでしたが、なかなか雰囲気のあるお城で良かったですよ^^
資料館のおじさんの愛想がもっと良かったらとは思ったけど^^;

あの急階段から登ったんですか^^僕もあそこからと思ったんですが工事整備中で、次回はあそこから登ってみたいと思っています。息切れしそうですが^^;
2012年10月06日 09:45
コメントありがとうございます。
今回大野市に寄ってみました。いつもは通りすぎてばかりでしたが、時間があれば湧水の場所も行きたかったです。これからもよろしくおねがいします!

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 95

    Excerpt: 大野城 いきあたりばったり!/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 08:21
温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE