名勝 星渓園 熊谷市

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。
先日ワンクリック削除にショックを受けアップが滞ってしまいました。木曽路のリンクを貼りなおしていました。
と、まあ近況はさておき 今日の訪問地は 暑い熊谷市の涼しそうなスポットの星渓園に行って参りました。
画像

慶応年間から明治初年にかけて、熊谷市の発展に数々の功績を残した竹井澹如翁(たけいたんじょおきな)が、ここに別邸を設け「玉の池」を中心に木や竹を植え、名石を集めて回遊式庭園をつくりました。
画像

明治17年(1884年)に昭憲皇太后がお立ち寄りになり、大正10年(1921年)には秩父宮がお泊まりになるなど、皇族や政界人などが訪れました。
画像

昭和25年(1950年)熊谷市が譲り受け、翌年「星渓園」と名づけ、昭和29年(1954年)に市の名勝として市の文化財になりました。
画像

平成2年から4年にかけて、建物と庭園の整備がなされ、建物は数寄屋感覚を取り入れ、復元されました。
画像

園内には、星渓寮、松風庵、積翠閣の3つの建物があり、お茶会などの日本的文化教養の場として、利用することができます。
画像

入園は無料ですが、建物など施設を利用する場合は有料になります。
画像

秋になったらもう一度訪ねて見たい場所でした。
画像

訪れる人もなく ほぼ熊谷市の中心近くにあるのに静かでした。
僕が行った日はまだ暑い記録は出ていませんでした。
画像

園の木の間から八木橋百貨店が見えました。
八木橋の前にTVでよく見る暑いぞ!熊谷の温度表示が設置されていますよね!
それでは 星渓園の場所を確認しましょう。

駐車場は6台までですので、満車の場合は、市営本町駐車場をご利用ください。
星渓園の駐車場ですが、6台となっていますが一部紐が張ったままで 次の車が入ってきたら出れなくなりそうでどうやって止めるか悩むようでした。
〒360-0046熊谷市鎌倉町32  電話 048-522-9389
アクセス:JR高崎線・秩父鉄道熊谷駅より徒歩約18分
開園時間 庭園 9時~17時(11月~2月は16時まで) 建物 9時~21時(茶室・立札席は17時まで)
入園料 無料(建物等施設利用は有料)
休園日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日) 年末年始休
暑い熊谷ですが行ってみませんか?
熊谷の記事
長島記念館  長島記念館の中へ  記念館の庭  聖天山  御本殿  貴惣門  仁王門  平和の塔と軍茶利明王  斉藤実盛像  道の駅めぬま

熊谷の近くの記事はこちらから
尾道~青森までの記事は右のブログテーマの一覧から見て下さい。
熊谷の宿
サンルートホテルガーデンパレス  四季の湯温泉 ホテル・ヘリテイジリゾート  キングアンバサダーホテル熊谷  ホテル ニューネオ  R&Bホテル熊谷駅前  マロウドイン熊谷

特産
豚肉の熊谷地ビール煮込み×1袋(1人分)

豚肉の熊谷地ビール煮込み×1袋(1人分)
価格:1,360円(税込、送料別)


レストランアミュゼ


八木橋百貨店

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1