新田荘歴史資料館

こんにちは!
訪問ありがとうございます。今回は太田市の歴史公園にある新田荘歴史資料館を見ましょう。
画像

太田市は古代文化の栄えた地であり、その証として多くの古墳が点在し、鎌倉時代には東国で活躍した新田氏の史跡や、江戸時代において繁栄を誇った証も数多く残っています。
画像

尾島地区は、鎌倉時代から新田荘の中心として栄え、さらに長楽寺を中心とした仏教文化が形成されました。江戸時代になると、徳川氏発祥の地として幕府の庇護のもとに繁栄を続けました。
画像

ここは 入り口の部分だけが撮影許可が下りました。
画像

平安時代の終り頃、源氏の流れをくむ源義国父子は新田郡を中心に開発を進め、子の義重は領地を広げて新田荘を興し、東国武士の礎を築きました。 また、新田氏は鎌倉・室町時代、長楽寺を支え、寺にはすぐれた文化財が伝えられています。 新田氏の一族は上野国を中心に栄え、鎌倉幕府を倒幕し、建武新政を成し遂げた新田義貞のような武将を生みましたが、その後室町・戦国時代には衰退し、戦国末期には上杉・武田・北条氏の勢力が相争う地となっています。
画像

天正18年(1590)徳川家康は関東に入部すると、江戸北辺の要地である館林に徳川四天王の一人榊原康政を配置しますが、多くは館林藩領となっています。
榊原氏の白河移封後、館林藩領の多くは幕府直轄領となりますが、その後慶安4年(1651)5代将軍となる綱吉らの御部屋領となり、寛文元年(1661)には再び徳川綱吉の館林藩領となっております。
画像

しかしながら、延宝8年(1680)徳松(綱吉嫡子)の早世により、館林藩領は解体され、その多くは旗本領となっております。
一方、寛文12年(1672)、代官岡登景能により、用水が開削され、大原宿も設置されています。
また、金山城主由良氏移封後、浪人であった岩松氏は慶長12年(1607)に徳川家康に召し出されますが、家康が先祖筋として遇する予定であったものの、不首尾により身分取り立てがかなわず、僅かに屋敷地20石を市野井感応寺曲輪に拝領し、慶長18年(1613)には世良田の陣屋に住居を移されました。天海の知遇を得た岩松秀純の身分取り立てがかなったのは寛文3年(1663)で、3代将軍家光13回忌の特赦によってであり、100石を加増され120石で、下田島長福寺林に屋敷と知行地を得ています。(資料館ホームページを参考にしています)
色々あったんですね!
youtube検索
新田義貞、挙兵を決意
太田市立 新田荘歴史資料館
住所:〒370-0426  群馬県太田市世良田町3113-9 TEL:0276-52-2215
開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日・祝日の翌日 年末・年始(12月29日から翌年1月3日まで)
入館料 一般200円 中学生以下無料
○【共通入館券】1部300円
当館他3館(縁切寺満徳寺資料館、高山彦九郎記念館、藪塚本町歴史民俗資料館)の入館券がセットになっております。
通常4館入館料合計600円のところ、1部300円と、大変オトクです。有効期限は発効日より1年間有効です。
歴史公園メイン記事  世良田東照宮
皆さんも徳川氏発祥の地を訪ねてみませんか?
太田市の記事
歴史公園  金山城址  本丸跡新田神社  金山城址ガイダンス施設

僕の記事の一覧は右のサイドバーのブログテーマ一覧から見て下さい!
群馬の一覧はこちらから

太田市の宿
ホテルルートイン太田  東横イン群馬太田駅南口  太田ナウリゾートホテル  グレースイン太田  太田グランドホテル  太田第一ホテル








国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1