世良田東照宮 太田市

こんにちは!
訪問いただきありがとうございます。
今回は 太田市世良田東照宮を見ましょう。
徳川氏発祥の地と云われています。
徳川家康公の先祖は、新田氏の始祖である義重から新田荘の内、当地「世良田」 他5カ郷を譲り受けた子の義季である。
画像

義季は5カ郷内にある利根川沿いの押切を徳川と改称し、 徳川義季と称した。承久3年(1221)世良田郷を開発した義季は臨済宗長楽寺を開基し、世良田の義季とも称された。
画像

寛元4年(1246)頃、亡くなり同寺境内に葬られた。その後、頼氏・教氏・家時・満義と後継。 次の政義・親季・有親は、南北朝時代に南朝方として活躍したが、9代目の親氏に至り北朝の猛勢により徳川郷を追われ同志 や一族の居所を頼りに出国。
画像

諸国を流浪の後、松平郷に身をよせ郷主在原信重に入婿し、松平親氏と称した。 それから7代を経て家康公は誕生した。
画像

家康公は三河一国を統一した25歳の時、松平姓から 徳川・世良田を開発した徳川義季にあやかり、徳川に復姓した。
画像

寛永16年(1639)天海大僧正は徳川家康公から御下命されていた長楽寺を臨済宗から天台宗へ改宗復興。三代将軍家光公は先祖の遺徳と当地方の守護神として、二代将軍秀忠公造営の日光東照宮奥社(神廟=多宝塔 ・唐門・拝殿)を移築。本殿は新築し、東照宮を勧請された。同21年(1644)10月11日には正遷宮が盛大に斎行され、同年12月には群馬県下の神社でも高禄の200石の御朱印が寄せられた。以後、大小15回による社殿の修復は幕府の財政により賄われて来、世に 「お江戸見たけりゃ世良田へござれ・・・」と俗謡を生んだ。
画像

ここには奥にも社殿があるので 行って見ましょう。
画像

素晴らしい彫刻は後日余裕を見つけてアップしていきたいと思います?
画像

日光東照宮を彷彿とさせる物があちこちにありますよ!
画像

ちなみにこれが葵の葉です!二葉葵だそうです。
それでは場所を確認しましょう。

東照宮にも駐車場はありますが 歴史公園に広い駐車場があるので そちらを利用した方がゆっくり見られると思います。
詳しくは 世良田東照宮ホームページで
ここも歴女にに 会えそうな場所でした。(僕が行った日はいました)
youtube検索
世良田東照宮「御神域(ごしんいき)の桜」が見頃  東照宮世良田から
僕が知っている東照宮
日光東照宮  仙波東照宮
世良田東照宮詳細記事
詳細1宝物館辺り  拝殿  本殿
皆さんも徳川氏発祥の地に行ってみませんか?
太田市の記事
歴史公園  新田荘歴史資料館  金山城址  本丸跡新田神社  金山城址ガイダンス施設

僕の記事の一覧は右のサイドバーのブログテーマ一覧から見て下さい!
群馬の一覧はこちらから

太田市の宿
ホテルルートイン太田  東横イン群馬太田駅南口  太田ナウリゾートホテル  グレースイン太田  太田グランドホテル  太田第一ホテル


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1