名張藤堂家の庭

こんにちは!
訪問ありがとうございます。今回は 名張藤堂家を訪ねた記事です。
家の周りを見てみましょう。
津藩藤堂家の一門で寛永13年(1636)から明治維新まで11代にわたり、名張に居を構えた藤堂宮内家の屋敷跡です。
名張藤堂家(詳しい解説はリンク先で)
画像

ここもまた戦国の時代に振り回された物語がありますね!
画像

名張藤堂家は、藤堂高虎の養子高吉にはじまる。
高吉は、織田信長の重臣丹羽長秀の三男として、天正7年(1579)近江佐和山城に生まれ、幼名を仙丸と称した。天正10年(1582)本能寺の変で信長死去の後、羽柴(豊臣)秀吉の所望により、弟羽柴秀長の養子となる(天下を望む秀吉が、柴田勝家を討ち滅ぼすため丹羽長秀と縁を結ぶためであったといわれる)。
画像

天下を手中にした秀吉は、天正16年(1588)秀長の嗣子に甥の中納言秀保を立てたため、仙丸を家来に嫁がせようと考えていた。この時、秀長の家来であった高虎には、子供がなく、仙丸を養子に望んだが、秀長は同意しなかったという。しかし秀吉の命により高虎の養子となり、名を高吉と改め、従五位下宮内少輔に任じられ1万石を給された。
画像

慶長5年(1600)関ヶ原の戦いでは、高虎、高吉とも戦いに加わり戦果をあげる。この後高虎は、伊予半国20万石余を拝領し今治城主となり、高吉も城下に屋敷を構えた。
寛永12年(1635)幕府より伊予と伊勢国内2万石との替地の命がでると、藩主高次の命により、伊勢2万石のうち5千石を伊賀国の名張周辺と替地し、翌年正月、高吉は名張に移住した。
画像

城下町としての体制を整え名張の町の発展の基礎を築き、寛文10年(1670)92歳の生涯を名張で終えた。
画像

藤堂邸は、現在まで残っている上級武家屋敷の数少ないものであり、それも表の部分ではなく、残されることの少ない、当主の日常生活の場である中奥部分であることは特質されるものである。
内部の様子は次回に出します。
名張の記事
青蓮寺湖  名張藤堂家邸跡  太鼓門  やなせ宿  ひやわい  江戸川乱歩生誕記念碑  香落渓  赤目四十八滝  秋の四十八滝  秋の四十八滝2  へこきまんじゅう  日本サンショウウオセンター  名張の切り絵  夏見廃寺展示館  廃寺跡
それでは皆さんいってらっしゃい!
記事の一覧はブログテーマの一覧から見てください。

旅の参考に
名張市観光協会
グルメ
ビーフレストラン 金谷桔梗が丘店  あみやき亭 名張店  プラーナ  三太夫  A Tables Esprit   中国料理 絹道  ジャハンギール  irie cafe' Cockoo   櫓門 名張店  パンロード  奥田  ビッグボーイ 名張店  イングルサイドカフェ  ラ・シルフィード  かみ六
名張の宿
名張シティホテル  ビジネスホテル栄  ホテル ルートイン名張  亀の井イン三重名張  赤目温泉 隠れの湯 対泉閣  滝本屋  赤目温泉 山の湯 湯元赤目 山水園  青蓮寺レークホテル


瀧自慢 ひやおろし 本流 伊賀山田錦 1800ml

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1