常楽寺 湖南三山

こんにちは!
訪問いただき誠に有難うございます。
今回の紹介は 滋賀県 湖南市に行って見ました。甲賀市の隣だけどね!
湖南三山常楽寺を尋ねてみました。
画像

縁 起                                    
阿星山の北麓にある当寺は、和銅年間(七〇八~七一五)元明天皇勅命により、良弁が開基した阿星寺五千坊の中心寺院として、また紫香楽宮(七四二~七四五)の鬼門鎮護として栄えた。
山門
画像

平安~鎌倉時代には、皇室の帰依を受けて寺運隆盛。延暦年間(七八二~八〇五)天台宗に改められたという。
仁王像
画像

山門詳細記事
延文五年(一三六〇)火災で全焼したが。同年、観慶らによって再興された。裄行七間、梁間六間、向拝三間、入母屋造、桧皮葺、明治三十一年国宝(旧法)に指定され、明治三十五~六年改修工事が行われ、昭和十六年には大規模修理の解体工事が行われる。新法(文化財保護法)により昭和昭和二十八年国宝に再指定されました。
本堂
画像

本堂は国宝です!
本尊は千手観世音菩薩(重文)秘仏、本尊護法像の二十八部衆(重文)、雷神(重文)等が安置されている。
本堂詳細記事
三重の塔
画像

三間本瓦葺の塔、応永7年(1400)頃に建立、釈迦如来座像が安置、来迎壁に釈迦説法図が極彩色で描かれている。
三重の塔詳細
薬師堂
画像

こちらはあまり自信がありませんが・・・・!薬師堂詳細記事
下は鐘楼です!
画像

これは 受付の近くにあったものだと思います!
画像

常楽寺は、十四世紀の二十八部衆造立勧進状、本堂再建勧進状によると、和銅年間(七〇八)良弁が開基した阿星寺五千坊の中心寺院の一つであり、鎮護国家、鬼門除けのために元明天皇の勃命により創建された。
平安末期、行胤(ぎょういん)が比叡山末寺に位置づけたと 考えられる。(パンフより)
場所を確認しましょう!

住所 〒520-3121 滋賀県湖南市西寺六丁目5-1
電話 0748-77-3089 〔事務所〕 FAX 0748-77-2550
参拝について【ご注意】
 ・ 境内は禁煙です。喫煙所があります。
 ・ 境内は飲食禁止です。
 ・ ペットは入山禁止です。
 ・ キャスター付きの歩行補助用具では本堂に入れません。
 ・ 本堂の中は撮影禁止です。撮影された場合は没収させていただきます。
 ・ 秋の三山同時公開期間は三脚・イーゼルは使用禁止です。
 ・ 身体障害者の割引は、お一人での歩行が困難で介助の有る方のみ割引を
   しております。(お一人でお参りの出来る方は割引は有りません。)
・当寺以外に寺の住職をしており、その寺の法務(法要)があります時は受付出来ません。
  来られましても閉門しておりますので事前の予約が必要です。
 ・閉門時は境内に入れません(セキュリティを掛けています。)
 ・入山(拝観)出来る時間は:午前9時~午後4時までです。
詳しくはホームページで・・・・・ここをクリック
youtube動画検索
常楽寺(西寺)と紅葉
旅の参考に!
湖南市観光ガイド  長寿寺  善水寺  石部宿場の里
皆さんも湖南市を訪ねてみませんか?

最後は僕の記事
記事一覧は記事が大量なので右のブログテーマの一覧から見て下さい! 
近江西国観音石仏三十三番と詳細は以下の太字をクリック・・・石仏全部見たら御利益あるかも??
本堂詳細  三重の塔詳細  山門  薬師堂その他  第一番  第二番  第三番  第四番  第五番  第六番  第七番  第八番  第九番  第十番  第十一番  第十二番  第十三番  第十四番  第十五番  第十六番  第十七番  第十八番  第十九番  第二十番  第二十一番  第二十二番  第二十三番  第二十四番  第二十五番  第二十六番  第二十七番  第二十八番  第二十九番  第三十番  第三十一番  第三十二番  第三十三番
湖南市の宿
ホテルサンクレスト甲西 甲西アートホテル



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん