大斎原 旧熊野本宮

こんにちは!
訪問ありがとうございます。今回は 熊野本宮の旧社地・大斎原(おおゆのはら)
熊野本宮大社がもともとあった場所。大斎原(おおゆのはら)。現在は2基の石祠が祀られているのみです。
画像

巨大な鳥居が目の前にたってました。
日本一の大鳥居(高さ33.9m、横42m)が建てられましたので、場所はすぐにわかると思います。
画像

明治22年(1889年)8月の水害時まで熊野本宮大社は熊野川・音無川・岩田川の3つの川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる中洲にありました。
画像

およそ1万1千坪の境内に五棟十二社の社殿が立ち並び、幾棟もの摂末社もあり、楼門がそびえ、神楽殿や能舞台、文庫、宝蔵、社務所、神馬舎などもあり、現在の8倍もの規模を誇っていたそうです。
画像

江戸時代まで音無川には橋が架けられず、参詣者は音無川を草鞋を濡らして徒渉しなければなりませんでした。これを「濡藁沓(ぬれわらうつ)の入堂」といい、参詣者は音無川の流れに足を踏み入れ、冷たい水に身と心を清めてからでなければ、本宮の神域に入ることはできませんでした。
画像

精進潔斎を眼目としていた熊野詣。
 その道中において、音無川は本宮に臨む最後の垢離場にあたります。そのため、かつては熊野詣といえば音無川が連想されるほど、名を知られた川でした。
画像

参詣者は、音無川を徒渉し、足下を濡らして宝前に額づき、夜になってあらためて参拝奉幣するのが作法でした。
画像

また、本宮・新宮・那智と熊野三山を巡拝し、再び本宮に戻り、それから帰路につくというのが一般的な熊野詣の順路でした
画像

最後の本宮参拝の折、熊野の御神符である「熊野午王宝印」と道中安全の護符である「梛(なぎ)の葉」を本宮より頂き、それらを手土産に道者は下向の途につきました。
画像

生きながら、阿弥陀の浄土に生まれ変わることを目指して、上皇や女院、貴族、武士、庶民達がはるばると、この大斎原まで旅してきたのでした。
 34回と最多の熊野御幸を行った後白河上皇(1127~1189)は、『源平盛衰記』によると、本宮へは34回とすべての回で訪れていますが、新宮と那智は15回。新宮と那智を略して本宮だけを詣でて熊野御幸を済ますこともしばしばあったようです。
画像

一遍上人がある種の宗教的な覚醒をしたのもこの地でした。
 「熊野御幸」の時代、そして「蟻の熊野詣」の時代、熊野の中心地はここ大斎原だったのです。
画像

熊野権現は唐の天台山から飛行し、九州の彦山(ひこさん)に降臨した。それから、四国の石槌山、淡路の諭鶴羽(ゆずるは)山と巡り、紀伊国牟婁郡の切部山、そして新宮神倉山を経て、新宮東の阿須賀社の北の石淵谷に遷り、初めて結速玉家津御子と申した。その後、本宮大湯原イチイの木に三枚の月となって現れ、これを、熊野部千代定という猟師が発見して祀った。これが熊野坐神社の三所権現である。
画像

いずれにしても、もともと熊野信仰は自然崇拝から生じたものなのでしょうから(那智は滝への崇拝から、新宮はその元宮が神倉神社であるとの説を受け入れれば、岩への崇拝から、本宮は川に浮かぶ森への崇拝から)、自然があまりに破壊され過ぎたときに社殿も破壊されるようになっていたのでしょう。今になって考えてみると、自然破壊に対する警報器のような役割を大斎原にあった本宮は果たしたのでした。
それでは皆さんいってらっしゃい!
熊野本宮メイン記事  熊野那智大社  速玉大社  道の駅おくとろ  おくとろにて  北山川  瀞峡  ウォタージェット船
それ以外はブログテーマの一覧から。

旅の参考に
田辺探訪  熊野市観光  

熊野市の人気宿
里創人 熊野倶楽部  旅の宿 はるさめ  ホテルなみ  みはらし亭  かんぽの宿 熊野  ビジネスホテル 平谷

十津川村の人気宿
十津川温泉 旅館平谷荘  十津川温泉 静響の宿 山水  十津川温泉 ホテル昴  十津川上湯温泉 旅館神湯荘







国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果


入浴剤とお風呂のソムリエSHOP ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE