新宮城 (丹鶴城)

こんにちは!
訪問いただき有難うございます。今回も新宮市になります、街の中を走っていると 城跡にたどり着きました。
新宮城へ行って見ました。
画像

新宮城は、別名を丹鶴城(たんかくじょう)、もしくは沖見城(おきみじょう)ともいう。
画像

石垣がたくさんありました。
小高い丘に築かれた平山城である。別名、丹鶴城は、もとこの地に、源為義と熊野別当の娘の子である丹鶴(たんかく)の住まいがあったとすることからである。ちなみに、新宮城築城を計画した堀内氏の祖とされる新宮行家(源頼朝の叔父)は丹鶴の子である。
(ちょっと気になる話題です)
画像

現在の地に築城したのは浅野忠吉である。大小の天守や鐘の丸、松の丸のある姿となったのは水野2代重良の頃である。
画像

天正年間に、堀内氏によって築城が計画されたが、関ヶ原の戦い(大坂の役とも)で豊臣方についたため工事は着手されず、代わって、1618年、紀州藩主浅野長晟の重臣・浅野忠吉が、場所を熊野川の沿岸に移して再築。浅野氏が広島へ転封し、徳川頼宣が紀州藩主として入国して以後、付家老・水野重仲が城主となり、水野氏の居城として明治維新を迎えた。
画像

明治6年(1873年)に天守などの建物を払い下げ、取り壊す。旧材は寺院に転用された。現在は、本丸跡が丹鶴城公園として整備されている。

画像

新宮城は、本の丸を中心に鐘の丸・松の丸が主郭部を形成し、主郭部から一段下がって二の丸を配した縄張りで かつては本の丸に三層五階の天守が建てられ、40余の城門と櫓が威容を誇っていた。
今は桜の名所になっています。
画像

本丸から熊野川を見たところです。私は個人的にこのような景色が好きですね!
画像

これが海側の景色だと思います。(あいにくの小雨の中での訪問ですので 断定できない)
午前9時前という事もあって、誰一人いませんでした。
それでは場所を確認しましょう。

ポイントの場所に駐車できます。
続きがあるよ・・・新宮城址2
新宮グルメ&ショッピング
香梅堂  東宝茶屋  丸新  総本家めはりや
旅の参考に!
新宮市観光協会  南紀白浜町  串本町観光協会  古座観光  那智勝浦観光  すさみ町観光  南紀白浜観光
それでは 皆さんも行ってみて下さい。
速玉大社  徐福公園  青岸渡寺  那智大社  那智滝  大門坂  とれとれ市場  潮岬灯台  橋杭岩  三段壁  07年南紀の旅  07年高野山
和歌山県記事一覧これ以外はブログテーマの一覧から見てください。



新宮市の宿
高田グリーンランド・雲取温泉  ビジネスホテル美郷  ホテルニューパレス <和歌山県>  新宮サンシャインホテル  ステーションホテル新宮  新宮ユーアイホテル  ペンション暖炉

ペットと泊まれる宿を検索 【温泉】ホテル・旅館ランキング(近畿/和歌山)





国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果


入浴剤とお風呂のソムリエSHOP ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE