芭蕉生家

こんにちは!
訪問いただきましてありがとうございます。
今回の紹介は伊賀市の 芭蕉生家の紹介です!
画像

芭蕉生家は通りに面していて、格子構えの古い町家で、玄関から奥まで通り土間となっています。芭蕉は正保元年(1644)松尾与左衛門の次男として伊賀市で生まれました。
画像

10代の後半、上野の町で盛んであった俳諧に興味を持ち、先輩俳人たちに手ほどきを受けます。そして19歳の頃、藤堂藩の侍大将藤堂新七郎家に奉公に出ました。仕えた身分は台所用人とも料理人とも伝えられています。
画像

跡継ぎの良忠は蝉吟と号し、京都の北村季吟に俳諧を学んでいたことから、俳諧好きであった芭蕉も良忠と共に俳諧に励んだといわれます。ところが、良忠は25歳の若さでこの世を去ってしまい、芭蕉はまもなく藤堂新七郎家を退身しました。時に23歳。その後数年間のことはあまり知られていませんが、伊賀上野に住まいをしながら俳諧の修業のため、時折、京都にも 出かけ古典や俳諧に必要な学問を修めたといわれます。
画像

寛文12年(1672)29歳の1月、伊賀の俳諧仲間を集め初めて編んだ三十番発句合の『貝おほひ』です。この『貝おほひ』を文学の神で連歌の神でもある上野天神宮へ奉納、
俳諧師として世に立つ決意を示し江戸へと旅立って行きました。
画像

江戸へ出てからもふるさと伊賀上野へは旅の途中度々帰郷しています。芭蕉にとって生家はふるさとを実感できる安らぎの場所だったのでしょう。
画像

生家の裏庭には釣月軒と呼ばれる建物が建っているそうです。芭蕉の青年時代の書斎で『貝おほひ』を執筆した記念すべき文学遺跡です。
僕は釣月軒の石碑と 無名庵跡の石碑は見つけたが 建物は 解らなかった?! 
画像

何処にあったのかは僕には解りませんでした。
画像

また、通りに面して芭蕉が「笈の小文」の旅で帰郷したとき詠んだ「古里や臍のをに泣としのくれ」の句碑が、建ててあるそうです。
(市役所の紹介を参考にしました)
それでは場所を確認しましょう。

今回2009年新情報は駐車場が3台分確保されました(200円)
住所  三重県伊賀市上野赤坂町304
マップコード 131646769*85  生家拝観料 300円
動画サイトで見る
ムービアムトップ  芭蕉のふるさと
旅の参考に!
伊賀上野観光協会
皆さんも伊賀市を訪ねてみませんか?
伊賀の記事
芭蕉翁記念館  俳聖殿  伊賀上野城  忍者伝承館  だんじり会館  芭蕉生家  岡ポン奥の細道の旅
旅の記事はブログテーマの一覧から見てください。

伊賀上野の宿
上野シティホテル  旅館 薫楽荘  上野フレックスホテル  料理旅館 梅家  ホテルルートイン伊賀上野  北村屋旅館  料亭旅館 三田清  ファミリーロッジ旅籠屋 伊賀店  ホテル グランティア伊賀上野 和蔵の宿




国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1