平井城

こんにちは!
訪問いただき ありがとうございます。久しぶりに アップします。
今回の紹介は 群馬県 藤岡市の関東管領平井城跡です
平井城跡
 関東管領山内上杉氏の居城跡で、室町時代における関東地方支配者の居館があった場所です。城は永享10年(1438)、上杉憲実の命で家臣の長尾忠房が築いたものとされ 鮎川河岸の断崖を利用して築かれたもので、二重の堀と土累が巡らされていました。
画像

 城は天文21年(1552)に上杉憲政が北条氏に攻められて、越後の長尾景虎を頼って落ち延びるまで続きました。城の南西約1.2㎞には、本城防備のための詰城であったとされる平井金山城跡があります。
画像

平井城跡は、西平井地区の鮎川左岸の断崖上にあります。
 「本丸」と呼称される主郭は、鮎川が湾曲する南端部に置かれ、その西に「二の丸」と「笹曲輪」という副郭が南北に連なり、北には「三の丸」があり、城域を「庚申堀」で囲み、自然地形を生かした「惣構」となっていたと推定されています。
画像

平井城と金山城は、室町幕府の関東管領職にあった山内上杉氏の居城と、その詰めの城(戦闘用の山城)でした。居城があった西平井地区は、1世紀余りの間、関東の実権を握った山内上杉氏の城下として栄えました。
説明の看板が沢山ありました、関東管領となると凄いですね!
画像

上杉謙信公 奪還回復の城跡と 書いてありますね。
天文21年(1552)の春、小田原に本拠をもつ北条氏康に攻められ落城しました。時の関東管領山内上杉憲政は、越後の長尾景虎(後の上杉謙信)の援助をもとめて亡命しました。その後、両城は後北条氏の支配下におかれました。永禄3年(1560)の長尾景虎の関東出陣の時に奪還された平井城は、景虎によって廃城にされたと伝えられています。
画像

そして 上杉氏一族の碑 など この辺りは 上杉氏に関係が深いんでしょうね!
画像

現在、関東管領平井城趾公園として、土塁や内堀・橋などが復元整備され、当時の平井城の姿を垣間見る事ができます。
場所の確認をしましょう。

地図だけで 場所が特定できるでしょうか?マップコード20154840*82
それでは皆さんも行ってみて下さい。
ここですが 豚舎が あるんでしょうか?とってもくさいのよ~!それは覚悟してね。
近くの記事は  金山城  桜山公園  多胡の碑  一郷山城(牛伏山)  寄居の少林寺  鉢形城跡  埼玉・群馬の戦国時代
記事の一覧はブログテーマの一覧から見てください。

藤岡市の宿
茜彩庵 山水  藤岡温泉ホテルリゾート  ホテルルートインコート藤岡  藤岡第一ホテル  八塩温泉 八塩館  藤岡ステーションホテル  八塩温泉 鬼石観光ホテル

 

関東管領上杉氏 (シリーズ・中世関東武士の研究)
戎光祥出版
黒田 基樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 関東管領上杉氏 (シリーズ・中世関東武士の研究) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Queenss

Lively life

塚本無線

ミンキーミー レディース靴 専門店

YOU通販

lovestory-shop1