慈光寺 ときがわ町

こんにちは!
訪問いただきまして 大変ありがとうございます!
今回の 訪問先は ときがわ町の 慈光寺に 行って見ました。
ときがわ町の慈光寺って どんなお寺なんでしょう!
画像

埼玉県比企(ひき)郡ときがわ町西平にある天台宗の寺。都幾山(ときさん)一乗法華院(いちじょうほっけいん)と号する。本尊は千手観音(せんじゅかんのん)。坂東三十三所第9番霊場。かつては女人禁制の修験の寺だったそうです、寺録によれば、673年慈光老翁の草創と伝えられ、僧慈訓(じくん)に千手観音像を刻ませて安置したのを開基とし 奈良時代の終わりごろ、鑑真(がんじん)の弟子釈道忠(しゃくどうちゅう)が堂宇を建立して開基第1世となった。
画像

源頼朝(よりとも)は1191年(建久2)奥州征圧成就(じょうじゅ)を記念して当寺一山75坊の営膳(えいぜん)料と田畑1200町を寄進。1591年(天正19)に徳川家康が100石の朱印寺領を給した。
画像

1270年(文永7)に藤原兼実(かねざね)ら一族が寄進した法華一品経(ほっけいっぽんきょう)は優雅な装飾経で、阿弥陀経(あみだきょう)、般若心経(はんにゃしんぎょう)とともに国宝に指定されている。
画像

文化財の宝庫です、
慈光寺所蔵の数々の文化財を保存展示する宝物殿がある。拝観料は300円である。玄関を入り、左側の壁に取り付けられた電源スイッチを入れて、左手の収蔵庫に入る。薄暗い光の下に数多くの宝物がならんでいる。
法華経一品経29巻に開経の無量義経、結経の観音賢経、および阿弥陀経・般若心経各1巻を加えた写経全33巻(国宝)
 文永7年(1270)、後鳥羽天皇をはじめ藤原兼実ほか一族の人々が法華経など33巻を書写して奉納したもので、厳島の平家納経、久能寺経とともに日本三大納経の一つに数えられている。
経箱(国指定重要文化財)
 上記の経巻を納めたもとの伝えられる鎌倉時代の経箱。表面は黒漆塗り、内部は朱漆塗り、外縁を面取りして螺鈿を散らしてある。
大般若経600巻(国指定重要文化財)
 関東最古の写経。貞観13年(871)3月に上野権大目安(こうずけごんだいさかん)・阿倍小水麿(あべのこみずまろ)が書写して奉納した。そのうち152巻が現存している
金銅密教法具14口(国指定重要文化財)
 密教独特の宗教行事に使用する花瓶(けびょう)、独鈷鈴(どっこれい)などの金工品。このうち花瓶の一口に徳治2年(1307)の銘がある。銘がある密教法具は珍しく、鎌倉時代の基準作とされている。
蔵骨器(ぞうこっき)(県指定文化財))
 昭和39年(1964)に重要文化財の開山塔を解体修理したとき、その基礎下から発見された。須恵器の大甕で高さ51.6cm、口径30cm。
他にも、紙本墨書(国指定重要文化財)、絹本着色徳川家康画像(県指定文化財)、絹本着色天海僧正画像(県指定文化財)、日吉山王七社版木(都幾川村指定文化財)、木造聖僧文殊坐像(県指定文化財)、木造宝冠阿弥陀如来坐像(県指定文化財)などが陳列されている。
画像

ここの 慈光寺は 紹介するものが 沢山ありすぎて困ってしまいました。
どうやって紹介しよう??
画像

景色も山の上と言う事で 最高です!

場所の確認をしておきましょう。

それでは 皆さん行ってみて下さい。
慈光寺のアルバムを見る(僕の下手な写真ですが)
動画サイト
youtube動画慈光寺  坂東三十三観音 第9番 都幾山 慈光寺 HD

旅の参考に!
ときがわ町観光  越生町観光  小川町観光  鳩山町観光
慈光寺の記事
慈光寺心経堂   観音堂  夜あらしの名馬  小路の散策路  開山堂
記事の一覧はブログテーマの一覧から見てください。


緑の山に囲まれた静かな宿!四季折々の花を楽しめます♪天然鉱泉が自慢!まごころこめたおもてなし。

シングル(5250円)でも団体(80名)でも宿泊可能です。お風呂もお食事も充実した健康センターです。

武蔵野の市街地より近郊の山間にある静かなリゾート、自然豊かな鎌北湖畔にある白亜の天然温泉の宿です。



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック