柳の清水 新庄へ 

こんにちわ!車で巡る奥の細道山形県 新庄市にやってきました。
(2008年9月芭蕉の旅から320年後です)
奥の細道では、
6月1日:大石田を出発。途中まで一栄と川水が送ってくる。舟形町を経由して新庄市に入る。新庄に一泊。新庄の「風流」宅に宿泊。「水の奥氷室尋ぬる柳哉」と詠んだ。
 6月2日:新庄に滞在。昼過ぎより盛信宅に招かれる。盛信は昨日の風流の本家筋に当る。ここで「風の香も南に近し最上川」を詠む。
 6月3日:太陽暦では7月19日。新庄を出発。天気快晴。川舟にて東田川郡立川町を経由して羽黒町へ。この川舟の上で「集めて早し」となったという。
このような 日程になっている。
ここで出てくる、風流宅に宿泊となっているので 資料を調べてみた(芭蕉DB)
画像

ちょっと芭蕉から外れますが ルートの途中に神社があり 新奥の細道とあったので 寄ってみました。
鳥越八幡神社(マップコード 221263519*03)
そして鳥越一里塚
画像

これなら 柳の清水は すぐに見つかるだろうと 甘く見ていました。この近辺を3回回ってしまいました。
一里塚のところで迷っていたら 地元の方がちょうど出てきたので聞いてみたら このすぐ先の所を右に入った左側にあると言われました。
画像

(説明すると鳥越八幡から来てR13号越えると すぐ右に 一里塚を発見できるんです、そこの先で 右に入るとすぐです、標柱があるだけです)
画像

水の奥 氷室尋る 柳かな・・芭蕉
画像

ここは昭和初期まで清水が涌いていたとあり、現在は復元されたものです。
それでは場所の確認をして見ましょう!

延命地蔵尊の前にあります。マップコード 221292404*07 です!
地図を見て解るとおり 旧道が 新幹線の線路で途切れています。一里塚は トヨタカローラさんの南西の旧道側にあります。
新庄市へ 猿羽根峠に戻る 奥の細道トップ
観光案内も見れるんです!
旅の参考に!
新庄市市役所  新庄市の観光地  温泉と観光  パンフナビ新庄

新庄市の宿
ニューグランドホテル<山形県新庄市>  ポストホテル  ホテルルートイン新庄駅前  ビジネスホテル やまき  グリーンホテル新庄  セントラル ホテル  食彩の宿 おくやま (旧:旅館 第一ホテル)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE