芭蕉の句碑 鶴岡市温海

車で巡る奥の細道
こんにちわ!ご訪問いただき 誠に有難うございます。とってもマイナーな ブログですが 奥の細道を 辿りながら 誰でも簡単に行きたい場所が解るように 実際に行ってみて 作っています。
このあたり夕日が綺麗というので!
吉田拓郎落陽
前置きが長くなりましたので 本題に入ります。
奥の細道では
6月25日:酒田を出発。門人達(不玉父子・徳左・四良右・不白・近江屋三郎兵・加賀屋藤右衛門・低耳等)が船橋迄見送り。3時頃鶴岡に到着。丸や儀左衛門宅に投宿。夜になって雨。
6月26日:晴。鶴岡を出発。午後3時頃、温海町に到着。鈴木左衛門宅に投宿。昼過ぎから小雨、夜になって大雨。

今回は 07年には見つけれる事が出来ずに 通過してしまった温海の句碑です。
見るサイトによって場所の説明の仕方が違っていて少し戸惑いますが 塩俵岩立岩海底温泉海のつりぼりセンター、。(駐車場は全部ここになる)この駐車場の 北側に句碑があったのです
画像

海の眺めがよい場所にに建てられている
画像

塩俵岩は鶴岡市(旧温海町)の北北東、暮坪の海岸にあります。俵を積み重ねたように見えることから名づけられました。ということです。(写真無いのに説明??)
画像

温海山や 吹浦かけて 夕涼み・・・芭蕉
近くには立岩も在ります。
画像

鶴岡市(旧温海町)の海岸線沿いの国道を走っていると巨大な岩山が目に付きます。鶴岡市(旧温海町)役場の北方、暮坪に有る立岩です。高さはおよそ51メートルといわれ、頂上には県指定天然記念物のマルバシャリンバイ(植物)があるとされています。
ここはさておき 句碑の場所の確認を しましょう。

駐車場の北側にあります。マップコード 449822580*25
海のつりぼりセンターもしくは海底温泉を 目印にして行くといいと思います。
旅の参考に!
鶴岡市観光情報  山形への旅鶴岡  鶴岡観光案内  温海観光スポット  温海観光協会  パンフナビ鶴岡
 
最終確認は ご自身で行って下さい。
それでは行ってらっしゃい!
youtube動画
道の駅あつみ前の日本海
三崎に戻る  芭蕉公園に進む  奥の細道の一覧

温海温泉の宿
温海温泉 あさひや旅館  温海温泉 かしわや旅館  温海温泉 たちばなや  温海温泉 萬国屋  温海温泉 瀧の屋  癒しの源泉かけ流しの宿温海荘






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん