東陽寺 (春日部)

車で巡る奥の細道
こんにちわ!今回は草加から栃木の間が手薄だったので追加で行って見ました。
奥の細道では・・本文と現代文 曾良随行日記
春日部 東陽寺
芭蕉サンは、もし生きて帰ることができればと、かすかな望みをかけて歩を進め、その日、ようやく早加(草加)という宿にたどり着いたのだった。(草加に泊まったようになっている)
ところが 曾良の、「随行日記」に「廿七日夜 カスカベニ泊ル」とあることから、実際は、千住から六里二十八町離れた粕壁(春日部)宿であることが分っている。
曾良日記にはこの日は粕壁(春日部)に泊ったとあり、市内を通る国道4号(他にバイパス国道4号がある)沿いに東陽寺という寺があり、ここに「伝芭蕉宿泊の寺」とある。
画像

東陽寺の山門になります、ここの左側の所に宿泊の碑があります。
それでは 中の方を覗いて見ましょう、まずは本堂にお参りしてからですよね!
画像

奥の細道に関連するものはここの碑でしょうか?
画像

国道側の景色はこんな感じに見えます。
画像

古河まで29Kと あります。北に向かって行きましょう!
最後に東陽寺サンの場所です。

マップコード  3826235*45が 山門の場所です。
ここまで解れば皆さんも行けますよね!奥の細道を辿る旅に出掛けませんか?今年は320年目だからでしょうか?会う人が多いです!
旅の参考に!
埼玉観光パンフ  春日部観光ガイドパンフ
それでは皆さんいってらっしゃい!
栗橋に進む・・・・http://45723082.at.webry.info/200806/article_6.html
草加に戻る・・・・http://45723082.at.webry.info/200712/article_13.html
奥の細道トップ・・http://45723082.at.webry.info/200710/article_17.html
で ご覧になれます! よろしくお願いします!

春日部の宿
ホテル カスカベ  ホテル春日部エミナース




3rd Floor

食べて、遊んで、みんなでわいわい!民宿・ペンション特集


「ディズニー」でホテルを探す USJ周辺のホテル情報








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE