奥の細道むすびの地 (大垣)

車で巡る奥の細道

終にむすびの地 たどり着きました。
奥の細道絵巻-大垣
奥の細道では・・・
駒にたすけられて大垣の庄に入ば、曾良も伊勢より来り合、越人も馬をとばせて、如行が家に入集る。前川子・荊口父子、其外したしき人々日夜とぶらひて、蘇生のものにあふがごとく、且悦び、且いたはる。旅の物うさもいまだやまざるに、長月六日になれば、伊勢の遷宮おがまんと、又舟にのりて、
画像

 元禄2年(1689)の秋、俳聖・松尾芭蕉は、約5ヶ月の漂泊の旅を、ここ大垣で終えました。世に名高い「奥の細道」の旅です。その折、芭蕉は「蛤のふたみに別行秋ぞ」と詠んで、水門川の船町港から桑名へ舟で下りました。
画像

観光協会のパンフ等によりますと
芭蕉と木因との交流・大垣俳壇の資料が展示されている「奥の細道むすびの地記念館」
芭蕉が最初に大垣を訪れたのは、貞享元年(1684)、「野ざらし紀行」の旅の途中、俳友・谷木因(ぼくいん)を訪ねたのが始まりで、以後3回来垣しています。谷木因と芭蕉とは、京都の北村季吟(きぎん)の相弟子でした。当時、大垣の俳諧は、大垣十万石の城主戸田公の文教奨励もあって、谷木因の指導のもと、大垣藩士らを中心に盛んでしたが、芭蕉の4回にわたる大垣への訪れは大垣俳壇に新風を吹き込みました。これを機に、「蕉風」俳諧は美濃一円に広がり、以後美濃俳諧としての基礎が固まりました。
画像

記念館のそばや 川沿いの道が整備されていて ユックリと散歩ができる。
とりあえずは 回って見ましょう
画像

この様な人工の滝もあります、川では鯉がのんびりと泳いでいます。
画像

この場所は まず最初にガイドされるばしょです。私が行った時も外国の団体さんがいました。
画像

蛤の 二見に別 行秋そ
川の向こう側に行くと 割と観光客は 少なくなります!少し歩いていってみますか?
画像

住吉橋
途中には遊歩道用の この様な橋が架かっています。
画像

住吉灯台と船町港跡です。
画像

船町道標
画像

この句碑の前で一服していたら 観光ボランティアの方らしき人に話し掛けられました。
画像

隠家や 菊と月とに 田三反
「句碑めぐりですか?」 と聞かれて 私は「そうです、去年回った場所や 解らないところを 見て歩いています。」
で始まり、話は奥の細道の辿った話が続きました。一人旅なので ほっと一息できました。
イメージは合いませんがエンディングは帰れない二人 井上陽水&忌野清志郎


ここの場所に広い駐車場がありました、総合福祉会館の前にもありますが 小さいのですぐに満車になります。
私も9時前に行きましたが もう一杯でした、今回紹介の場所の方がいいと思います。
マップコード 78673354*23
ムービアムトップ  奥の細道結びの地
車で尋ねて 奥の細道 大垣むすびの地に着きました。皆さんの旅の参考にお役に立てれば私としても 嬉しいです、気をつけて いってらっしゃい!
芭蕉は伊勢に向かったので伊勢の記事・・二見浦
こくぞうさんに戻る・・・http://45723082.at.webry.info/200805/article_28.html
奥の細道トップ・・・・・http://45723082.at.webry.info/200710/article_17.html
振り出しに戻る・・・・・http://45723082.at.webry.info/200712/article_6.html
人生は旅!時間も旅!輪廻転生!皆さんはどんな旅を していますか?
旅の参考に!
大垣観光協会  観光パンフナビ大垣

大垣市の人気宿
バードグリーンホテル フェンテ・グランデ  スーパーホテル大垣駅前  大垣フォーラムホテル  ロワジールホテル大垣  ベストイン大垣  ホテルルートイン大垣インター  ホテルグッディ大垣


 



国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック