白河の関


車で巡る奥の細道
こんにちわ!車でシリーズもついに
白河の関まで来ましたよ!黒羽が最初の山でしたから とりあえず一つの山は越えました?
1689年6月7日(陽暦)の 出来事!
それでは奥の細道では・・本文と現代文  曾良随行日記4月20日4月21日
画像

白河の関絵図  奥の細道文学館より  芭蕉翁絵詞伝-白河の関
画像

春の関所です。ここには関の森公園があり 食事も出来ます
画像

古の歌人のパネルの展示もあります。
画像

奥州三古関の一つ白河の関は、5世紀ごろ蝦夷の南下を防ぐ為の砦でした。やがてその機能も必要なくなり廃関となってからは 歌枕の関として再び知られるようになりました。
「都をば霞とともにたちしかど 秋風ぞ吹く白河の関」もっとも有名にした能因法師の一句です!
その後 西行一遍上人、宗久宗祇など 時代を代表する文化人たちがこの地を訪れ歌を残しています。
松尾芭蕉は 「白河の関にかかりて 旅心定まリぬ」と みちのくの第一歩を踏み出した地として記しています。
卯の花を かざしに関の 晴着かな・・・・曾良
関の森と言うくらいですから 森の中を歩いて見ましょう。
アルバムを見る
youtube動画サイト
Mydiary-HD 徒然散歩〜白河の関&南湖公園  奥州・白河の関  白河関の森公園

地図で確認しましょう!

ここが駐車場になります。マップコード 203177199*1
すぐ近くに 関の森公園がありますから そちらに車を置いて散策するのもいいでしょう!
白河市パンフを見る
観光パンフナビで探して見る。
それでは奥の細道にいってらっしゃい!
庄司戻しの桜  境の明神に戻る  奥の細道トップへ   
白河の宿
ホテル&コテージ 白河 関の里  ホテルルートイン新白河駅東  ホテルサンルート白河  白河ビジネスホテル  シティホテル新白河  旅館金勝寺  偕楽園


SaveMart


楽天ブックスは品揃え200万点以上!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE