1 奥の細道 序章 (oku no hosomichi beginning )

こんにちは!
訪問ありがとうございます。
松尾芭蕉の奥の細道 序章(日本文はこちらを参考につくりました)
oku no hosomichi beginning of Basho Matsuo
画像

奥の細道では Oku no hosomiti then
月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。
It seems to be a traveler continuing a trip eternally and, in time, leaves when it comes, and it is a traveler in the same way again in a year to come when I leave.
船頭として船の上に生涯を浮かべ、馬子として馬の轡(くつわ)を引いて老いを迎える者は、毎日旅をして旅を住処(すみか)としているようなものである。
I have a life on a ship as a boatman, and the person whom I pull the bit (a bit) of the horse as a road-horse man, and meet old age does a trip every day, and a home (a home) seems to have a trip.
画像

古人の中には、旅の途中で命を無くした人が多くいる。
In the ancient people, there are a lot of people who got rid of life in the middle of a trip.
わたしもいくつになったころからか、ちぎれ雲が風に身をまかせ漂っているのを見ると、漂泊の思いを止めることができず、海ぎわの地をさすらい、去年の秋は、隅田川のほとりのあばら屋に帰ってクモの古巣を払い、しばらく落ち着いていたが、しだいに年も暮れて、春になり、霞がかる空をながめながら、ふと白河の関を越えてみようかなどと思うと、さっそく「そぞろ神」がのりうつって心を乱し、おまけに道祖神の手招きにあっては、取るものも手につかない有様である。
I wander over the ground by the sea not to be able to stop thought of the wandering when I watch that it-like leave the body, and scattered clouds drift whether I became the how old and, in last autumn, I return to the dilapidated house of the bank of the Sumida River and pay the old home of the spider and calmed down for a while, but " God"Stroll transfers at once and disturbs a heart when I think whether I will go over Seki of Shirakawa incidentally while I gradually go down in a year, and it is it in spring, and haze looks at the taking sky, and in addition the taker is the state that is not available in a hand in the beckoning of the travelers' guardian deity,
画像

そうしたわけで、ももひきの破れをつくろい、笠の緒を付けかえ、三里のつぼに灸をすえて旅支度をはじめると、さっそくながら、松島の名月がまず気にかかって、住まいの方は人に譲り、旅立つまで杉風の別宅に移ることにして、その折に、人の世の移ろいにならい、草葺きのこの家も、新たな住人を迎えることになる。これまで縁のないことではあったが、節句の頃には、にぎやかに雛をかざる光景がこの家にも見られるのであろう。
When I mend a momohiki tear and change the cord of the shade and I cauterize the pot of three villages with moxa and begin a preparation for a trip, at first I am worried about ,At once the beautiful moon of Matsushima and hand over the house to a person and, for such a reason, decide to move to a country house of the cedar style till I leave and, in the occasion, learn it from the change of the secular society and will invite a new resident to the house of the covering with thatch mushroom.It was a thing without the relationship, but a scene giving glory to a young bird noisily will be seen in this house till now in the days of the festival. I wrote the first line and put the pillar of the hermitage under eight aspects.
画像

芭蕉は『奥の細道』の旅に出るのに先立ち、それまで住んでいた家を売り払い、以後しばらく門人、杉風(さんぷう)の別宅にご厄介になります。家を引き払うときに詠んだ句。

The Basho precedes it to go for the trip of "Oku no hosomiti" and sells off the house where I lived in till then and is dependent for a while afterward in a disciple, a country house of the cedar style (sanpu).
The phrase that I wrote when I left the house.
I wrote the first line and put the pillar of the hermitage under eight aspects.
画像

草の戸も 住替る代ぞ ひなの家
The grass door live changet a person beautifui house
草庵にも住み人の替わるべきときは来るものだ。雛を飾った家になることであろう。
When I live in the thatched hut, and the person should be replaced, I come. It will be to become the house where I displayed a young bird.
面八句を庵の柱に懸置
芭蕉記念館は住所 江東区常盤1-6-3 電話 03-3631-1448
The Basho Memorial I put the pillar of the hermitage under eight aspects, and to employ is address 1-6-3, Tokiwa, Koto-ku telephone 03-3631-1448
画像

千住に進む which advances in Senju
A list of Oku no hosomichi
旅の参考に!For the reference of the trip!
Welcome to Tokyo
I am Japanese as follows!
以下は日本語です! 
行ったときの記事は  http://45723082.at.webry.info/200707/article_8.html
2007年5月記事に旅を始めた頃の記事があります。
えんぴつで奥の細道に沿った一覧
車で奥の細道一覧
車で巡る奥の細道が一番詳しく作ってあります。

ここに記入されている英文は間違っている可能性もあります、シャレです!








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

温浴効果

BARTH & Sleepdays 公式ストア

ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん