奥の細道 山形路 大石田~清川

こんにちわ!
奥の細道の旅も山形県の中央部に 入って着ましたよ。
最上川にやってまいりました
山形県も随分広いですね。日本海まではまだまだですよ!
最上川 ご対面です。はじめて最上川さんとお会いしました。
最上川のらんと、大石田と云所に日和を待つ。
画像

芭蕉最上川出会いの地
五月雨を集めて濁っています。(いつ行っても濁っています)
大石田の橋のところで 一息
画像

なんとも 凄いです。昔は船運で さぞかし賑わっていたんでしょうね。
ここからすぐの所の西光寺に行きます。後藤医院が入り口の所にありました。
画像

句碑は裏手のほうにあります。
画像

聖徳太子堂と一緒にありました。
ここで僕は 向川寺乗船寺に 立ち寄りました。
最上川沿いの復元された壁が印象深い所でした。
大石田の事はここで http://www.ic-net.or.jp/home/rinet/ybooisdmc.html
大石田を 後にして 新庄に向かう途中猿羽根峠を越えます。
画像

峠の道は 車では通ることは 出来ません!徒歩はOK!
(2008年2007年とも駄目でした)
新庄に入って行きましょう。最初は 柳の清水を 訪ねました。
画像

そして 新庄へ・・・・この辺り調査不足のため 新庄藩戸沢家墓所を訪ねました。
画像

そして再び 最上川に行きます。
次は本合海に向かいましょう。簡単に言えば本合海大橋の左手にありますが 橋のところからは 車では入れない、新庄から来ると本合海の信号で左に入り300メートルぐらいの所で(左にお寺があります)右の行き止まりまで 行くと芭蕉と曾良があります。
五月雨を あつめてはやし 最上川・・・・芭蕉
画像

青い所が本合海大橋ですよ。あたりの景色です
画像

新庄市観光案内で http://www.city.shinjo.yamagata.jp/usr/kankou/index.htm
・・・・どんどん川を下ります
戸沢村古口の船番所跡を通り 仙人堂を過ぎて白糸の滝まで走ります。
画像

白糸の滝は ドライブインがありますからそこから見てください。
ライブカメラの映像をご覧になればわかると思います。
http://www.thr.mlit.go.jp/yamagata/ycam/data/06067.html  
芭蕉上陸の地 清川に行きましょう。
画像

現在も現役の小学校でした。(R47の左側)
清川上陸で 最上川終了です・・このあたりで舟の上に生涯を浮かべが思いついたのでしょうかね?五月雨をたたえて 流れる最上川 どうしてか水辺の景色に心を奪われてしまうこの頃でした。
庄内町(旧立川町)観光案内は http://www.ic-net.or.jp/home/rinet/ybtckwmc.html
次が見たいと思っている方 じらしますよ。私も都合がありますから 単なるサラリーマン そんなに 旅行が出来ない。
山寺 素晴らしい所ですよ。見てください。
羽黒山に登りますよ!しかも歩きで
            http://45723082.at.webry.info/200707/article_5.html
奥の細道旅全工程

えんぴつで奥の細道に沿った一覧

奥の細道前篇(深川~象潟まで)  奥の細道後篇(象潟~大垣)
(駐車場、地図、マップコードなど解ります)
これを見れば貴方も簡単に行くことが出来ます。

奥の細道を歩く (楽学ブックス?文学歴史)
ジェイティビィパブリッシング
関屋淳子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 奥の細道を歩く (楽学ブックス?文学歴史) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

川越芭蕉
2007年07月09日 21:17
五月雨を あつめてはやし 最上川
今も変わらない川の風景に芭蕉の気持ちがよく分かります!
岡ポン
2007年07月10日 20:10
川越芭蕉さん いつも見ていただき有難うございます
最後まで お付き合いしてもらえれば 幸いです。

この記事へのトラックバック

温浴効果


入浴剤とお風呂のソムリエSHOP ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE