奥の細道 越後路 象潟~寺泊

こんにちわ!
今度は象潟から日本海に沿って進んでいきますよ。
酒田の余波日を重ねて、北陸道の雲に望。・・・・加賀の府まで百三十里と聞く
病おこりて事をしるさず。 だいぶご機嫌斜めですね。これまた資料が少ない
画像

県境の三崎公園にあったものです。
この 標柱 ここで撮影したのが 最後です。
ここから先は 鉄腕ダッシュ ソーラーカーだん吉みたいに加賀まで百三十里日本海と共に 進みます。(520キロ
ひたすら日本海沿岸をいきます
画像

酒田を越え湯野浜温泉を行き あーあ 疲れたなと
はて?ここはどこなんでしょうか?鼠ヶ関の北のほうには間違いないが?
画像

鶴岡市温海立岩です。
画像

海底温泉駐車場の 句碑です(塩俵岩も海の釣堀もここ)
画像

温海の海岸沿いにある 芭蕉公園
やっと鼠ヶ関着きました。こじんまりしています、三関の一つ 義経が疑われた場所です。??そこは安宅の関だってば!そうですよね?!
画像

庭先にありました。場所は鼠ヶ関交差点左が関で右に行くと弁天島 義経石碑がありました。
ここまで 遊佐町 酒田市 鶴岡市 と通りました。
かなり暗くなりました 
画像

笹川流れに来たけど 芭蕉は 山側を通り ここにきていない。
山北町にも寄らないと・・・!
画像

北中 芭蕉公園 08年に行きました。
山北町観光 http://www.town.sanpoku.niigata.jp/index.htm ここで チェック!
ここで うるおい新潟新潟県こんにちわ!先に言えれば 気持ち良いよ!
気持良いといえば瀬波温泉がありました。
村上市石船神社
画像

参道入り口にあった芭蕉句碑!立て札がないので つい見逃してしまいそうです。
村上市観光協会 http://www.mu-cci.or.jp/kanko/ ここでチェックですね!
そして次に回ったのが乙宝寺

画像

現在は 胎内市になっています。
これまた 走りつかれて ふと西生寺の案内板が目に入り 寺までの道を登りました。
弥彦ですかね、このあたりは 芭蕉には関係なさそうだし・・・。
画像

駐車場のそばに展望台がありました。(長岡市寺泊野積)シーサイドラインに案内板あります。
展望は望めませんでした。たぶん天気が良い時は佐渡が見えるでしょうね。
画像

文月や からさけ拝む のずみ山・・・・芭蕉拝観料金400円 なかにはいりました
案内の説明つきです 大和尚のお話がいいですよ。
芭蕉は上の写真の 右から来て 左のほうへ行ったそうです。
ここは何が有名かと・・・弘智法印即身仏で知られています。
知っていた人何人ぐらいいたかな?親鸞上人とか 西行も関係ありますよ。
良寛は6ヶ月ほど仮住まい 西行の清遊
売る酒の 口あけ石に腰かけん 沖乗る舟の魚を肴に
長岡市観光  http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/
寺泊寄って帰りますか。
画像

海産物を(酒の肴)買って 一路埼玉県に帰るのでした。
寺泊観光協会 http://www.niigata-inet.or.jp/teradomari/ でチェックしてください。
現在 先のルートと 立ち寄り先の検討中です。
だいぶ道路のほうも 復旧が進んできて 行けそうですね。
被災地の皆さん 健康に気をつけて 頑張って下さい。
寺泊から市振へ
      http://45723082.at.webry.info/200708/article_6.html
奥の細道旅全工程
えんぴつで奥の細道に沿った一覧

奥の細道前篇(深川~象潟まで)  奥の細道後篇(象潟~大垣)
(駐車場、地図、マップコードなど解ります)
これを見れば貴方も簡単に行くことが出来ます。

新潟市のお泊りは
新潟市の 旅館 ホテル

新潟うまいもんhttp://45723082.at.webry.info/200804/article_10.html
 
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

湘南芭蕉
2007年08月01日 21:44
写真のなかで、センターラインがつながってないのは、地震のせいでしょうか??
岡ポン
2007年08月02日 02:05
思い出しました。センターラインわざとイン側にずらしてありました。
地元の方か知っている方の証言でもあれば 助かります。

この記事へのトラックバック

温浴効果


入浴剤とお風呂のソムリエSHOP ゲルソン療法

ピカイチ野菜くん 腸内環境改善

BAYU STORE